HOME > 最新情報 > てんかん持ちのオペ


てんかん持ちのオペ

■2013/12/19 てんかん持ちのオペ
生理が始まり…それから2ヶ月以上出血が続き、乳腺も腫張したまま。
膣スメア検査では、有核細胞ばかり。
母校の日本獣医生命科学大学(旧 日本獣医畜産大学)の繁殖に残る同期の先生に連絡。
ポリープの有無や、出血場所の特定などの為に内視鏡を勧められた。更に卵巣子宮摘出も。
私も最終手段はそれだとオーナー様に伝えてあった。しかし、てんかん持ちと言うことで、できるだけ避けたいのがオーナー様。
オペに踏み切る前に、内視鏡検査とセカンドオピニオンの意見も聞いて頂くため、かつまペットクリニック様を受診していただきました。
膀胱も子宮もきれいだしポリープもない。
しかしホルモン剤を用いても年齢的に結局は子宮蓄膿症を起こすリスクは高いと言う同意見であった。
オーナー様の同意も得られオペに踏み切ることになりました。

【卵巣子宮摘出・乳腺腫瘍(3乳腺)切除】
脳圧亢進に対処できるように輸液剤も用意した上で、点滴も麻酔も通常で。
大きいワンちゃんで、術創も広範囲のため、かなり時間はかかりましたが、麻酔前投与〜導入〜維持〜覚醒まで落ち着いておりました。
お手伝いに来てくれた後輩にも感謝です!!

問題は、覚醒後の疼痛管理。
疼痛ストレスによる発作は管理不足にもなりかねないから。
私の不眠ストレスは後に解消すればいいことで…。
3日間の入院生活、排便排尿・食欲も通常に戻り、外に行けば走るまでに。
本日お昼に退院しました。1週間後に創部の確認をし、抜糸時期を決めます。

元気に帰せて、やっとホッとできるものです。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
マリーナ 街の動物病院
http://www.marina-pet.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:千葉県船橋市浜町1-5-3-110
TEL:047-407-4935
---------------------------------------------------------------------
Facebook:http://p.tl/Y1GN
Twitter:http://p.tl/eD5v
mixi:http://p.tl/rXvL
ameblo:http://p.tl/Lrl3
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

このページのトップへ